緒言

Windowsのライブラリは特にWindows 8/RTにとっては標準のフォトやミュージックといったアプリケーションを使うために非常に重要です。特に必然的にModern Style Appsでの作業が多くなるSurface等のWindows RT環境では特に重要です。しかし、ライブラリにはリムーバブルデバイスを追加できない制約があり、ストレージの制約からMicro SDカードをストレージとして扱いたいSurface RTの特に32GBモデルでは厄介な制約になります。

この制約に直面したとき、直ぐに思いついたのがリパースポイントで逃れられないのかでした。そして、実際にリパースポイントを設置して確認してみたところ、どうやらうまくいったので報告します。

本論

ライブラリでリムーバブルデバイスを登録できないのは純粋に技術的な見地ではリムーバブルなデバイスをライブラリに登録された場合、メディアの交換に伴って生じるデータベースの更新が問題になるからだと考えられます。しかし、Micro SDカードは交換を想定したデバイスとはいいがたくSurface RTでもキックスタンドの内側という交換しにくい位置に設置されています。従って、多くの場合、データベースの更新が必要になる可能性は低くこの問題は生じにくいと考えます。

そうなると、どのようにしてシステムのデバイスの認識を騙すかが問題となりますがライブラリの登録時にはドライブレターでデバイスの情報を取出し、判断を行っていると推定されます。従って、ドライブレターにデバイスを割り当てずリパースポイントで固定ディスクと認識されるデバイスの下位のディレクトリにリンクすればこの制約を逃れられる可能性があります。

方法

今回はSurface RT上でmklinkコマンドを使用しジャンクションを作成して対応した。

Usage:

MKLINK [[/D] | [/H] | [/J]] <リンク> <ターゲット>

       /D          ディレクトリのシンボリック リンクを作成します。既定では、
                  
ファイルのシンボリック リンクが作成されます。
       /H         
シンボリック リンクではなく、ハード リンクを作成します。
       /J         
ディレクトリ ジャンクションを作成します。
      
リンク      新しいシンボリック リンク名を指定します。
      
ターゲット  新しいリンクが参照するパス (相対または絶対)
                  
を指定します。

であるので、今回は

MKLINK /J c:\users\\SDCard d:\

とした。

結論

そして、作成したジャンクションをライブラリに登録することにより、本アーティクルの目的であるMicroSDカードをライブラリに登録することができた。

1巻目を読んだとき、私が意識したのは銀河英雄伝説であった。そして、2巻目を読んでその思いは確信に変わった。この作品は銀河英雄伝説を間違いなく意識していると。この話は基本的に言えば銀河英雄伝説の1巻のハイライトの一つイゼルローン要塞攻略作戦と同一でやはり難攻不落とされた要塞の攻略が基本プロット。勿論、多数のビーム砲と駐留艦隊に防御された宇宙要塞と中世ファンタジーが基本の本作では攻略作戦は異なるが本作の要塞の難攻不落も地形による大軍の運用の困難と火砲の集中運用に基づく火力の集中という二つの要素の結果という点は同じである。そして、その脆弱性が人による運用というのも基本的には同一。
ただ、この辺に関していえば難攻不落の要塞を難攻不落に足らしめるのは天然の要害により攻め手の手の掣肘にあることを考えればある程度は真理に近くこれ以外の話を作るのは困難だと言える。また、このエピソードが2巻という序盤に近いところにあるのもある種真理で策源地を用意しなければ話を進めることができないという根本的な事情によるものと考えられる。
故にここまではある程度、方程式の解は同じになると言える。むしろ差が出てくるのはここからであろう。というのも改革されつつある帝国と腐敗した民主共和制国家の攻防という銀河英雄伝説の基本プロットと帝位の簒奪と帝国の改革と思われる本作の立場は本質的に異なり、軍師と理想を抱く皇姫アルティーナの物語というテーマは根本的に違うところに行き着くと考えられるからである。
そういう意味では、私はこのシリーズが最終的にどこにたどり着くかに強い関心があると言える。

覇剣の皇姫アルティーナII (ファミ通文庫)覇剣の皇姫アルティーナII (ファミ通文庫)
むらさきゆきや himesuz

エンターブレイン 2013-02-28
売り上げランキング : 776

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

HOMULAX - Lightstorm

| コメント(0) | トラックバック(0)
HOMULAX
Figure: Near Me & Near Me Custom
Cloth: Niseisya's Near Me AH Set
Weapon: Makoto's SIG P220
Evironment: DAZ Environment
Render: DAZ-Studio v4.5
Effect and Edit: Paint.NET

Homura in wonderland - Lightstorm

| コメント(0) | トラックバック(0)
homura in wonderland.jpg

プロジェクト アリシゼーションを追う、アリシゼーション編も3巻目、やっと本筋が出てきたともいえる。なぜ、アリシゼーションなのかという理由もやっと明らかになります。英語で書けばAlicization アリス化ということになります。

このアリシゼーション編はどう考えても、アクセル・ワールドとの関連が深いというか、この話を前提にしないとアクセル・ワールドは成り立たないところがあります。セブン・アークスの中の一つ最後の神器たるザ・フラクチュエーティング・ライトなんてそのまんまだと思いますし。

この話の根幹は以下のところに集約されると思います。

  • 人間の意識はどこにあるか
  • 人間に内在する悪意
  • トップダウンAIとボトムアップAI

この作者の弱点はラブロマンスを含む心理描写の弱さであるが、同時に可読性の高い文章という強力な武器も持っている。アリシゼーション編はともすると難解になりかねない哲学的なテーマを多数含んでおり、そのまま書けばただの難解なものになりかねない。それを、この著者の武器である可読性の高い文章によって、少年期の素朴な正義感と合わせることで読めるものに仕立てている。

私はこのような難しいテーマを選んだこと自体にも意味がある。これは本編の7巻においても、終末医療という極めて重いテーマを選んだことも言える。是非、今の関心を維持しつつ作品につなげたほしいと思う。

ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫)ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫)
川原礫 abec

アスキー・メディアワークス 2012-12-08
売り上げランキング : 20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まあ、補足を兼ねて。

世界の種子(ザ・シード)というのは、基本的にはオープンソース版カーディナル、基本的にはカーディナルをベースにコンパクト化されたVRMMOの基幹システム、オリジナルのカーディナルにあったいくつかの要素をオミットし小型。軽量にしたうえでVRMMOを構築するためのレベルエディターなどをセットにしてアジャイルなVRMMO開発を可能にしたキットというのが恐らく妥当な理解。

レクトプログレスの解体によって、事実上、関連のパテントなどの知的財産権はクリアになったと考えられるので、VRMMOを進めるための本質的な障害はSAO事件、ALO事件を経て悪化した市民感情と実装に必要なコストと考えられる。この実装コストを大幅に引き下げたのが世界の種子(ザ・シード)。つまり、実装コストが大幅に引き下がったことで悪化した市民感情を割り引いても持続的に運営可能になったといったところ。

幾つか、その後のドラマからピックアップするとレコンは最後で見せた心意気を買われてシルフ族で割と重要な立場になっています。サクヤの信頼も厚く、おかげでかえって動きにくくなった感はあり。

仕事でcoxphで作成したモデルをVBA + .NETで実装していて、値を合わせるためにpredict内で係数を乗じる直前の値を覗くべくやってみました。といっても、Rの場合はブラウザを使えば問題はないと思います。

まず、事前準備として

> debug(predict)
で、predictに対してブレイクポイントを仕掛けます。これで、predict実行時にブラウザで挙動を覗くことができます。

現在の、predict.coxphでは係数を乗じる前の値は最終的にnewxに格納されるのでnewxの変化を追いかけます。基本的にはnewxにはモデルのmeansを引いたものが格納されるのでダミー変数があればダミー変数の動きを見るのがいいと思います。ダミー変数ならば0/1の値のはずですがmeansが引かれたタイミングで0/1以外の値をとることになります。このタイミングがnewxの準備ができたタイミングです。

あとは、newxをsaveするなりすれば係数を乗じる前の値が入手できます。

Ever17 -out of infinity- - gamelog

| コメント(0) | トラックバック(0)

一度プレイしてみたいと思っていた、作品の一本。実際、感想を見る限り評価は高く、出来のよさが伺える感想が多い。でも、なかなか触れる機会がなかったのだが、先日、Gamelinerで安価な配信が行われていたのでついにプレイすることができた。作品そのものは2002年の物なので、Wikipediaなども含めて多数の感想や情報が流布しているが、やはりプレイしてみるといろいろと発見があった。

この作品の肝は舞台が2017年とされているトリックであろう、このトリックによって一種のループをタイムトラベルを使うことなく実現している。正確にはループというよりも再現と言えるが、一種のループを形成する要素が加味されているのでループと言ってもあながち間違いではないと思う。正確には因果律に抗する要素がシナリオに加わっているといったところであろうか。

しかし、プレイしてみると、やはり直近のROOT DOUBLE -Before Crime After Days-との共通項も見受けられる。基本的なゲームデザインは根底に共通のものが流れているというべきだと思うが。

勿論、古い作品なので弱いところはある。説明部分に結構な分量があり、シナリオのスピード感を削いでいるのは否めない。もっとも、次回作以降ではそういった説明をTIPSとして再編しシステム化したことを考えれば、一つの資産として興味深い。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて