predict.coxphの中身を覗く

| コメント(0) | トラックバック(0)

仕事でcoxphで作成したモデルをVBA + .NETで実装していて、値を合わせるためにpredict内で係数を乗じる直前の値を覗くべくやってみました。といっても、Rの場合はブラウザを使えば問題はないと思います。

まず、事前準備として

> debug(predict)
で、predictに対してブレイクポイントを仕掛けます。これで、predict実行時にブラウザで挙動を覗くことができます。

現在の、predict.coxphでは係数を乗じる前の値は最終的にnewxに格納されるのでnewxの変化を追いかけます。基本的にはnewxにはモデルのmeansを引いたものが格納されるのでダミー変数があればダミー変数の動きを見るのがいいと思います。ダミー変数ならば0/1の値のはずですがmeansが引かれたタイミングで0/1以外の値をとることになります。このタイミングがnewxの準備ができたタイミングです。

あとは、newxをsaveするなりすれば係数を乗じる前の値が入手できます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.grayrecord.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/101

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、Webmasterが2012年12月13日 22:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HTML5による時計アプリ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。