GoogleがAndroid端末からの位置情報を集めていた理由

| コメント(0) | トラックバック(0)

GoogleがAndroid端末からの位置情報を集めていた理由は状況証拠から判断すると、無線LANのアクセスポイント情報から現在位置を特定する基礎データを集めていた蓋然性が高いと思う。これはGPS情報と共に周囲の無線LANの感度情報を拾っていたことから支持される。そして、その理由は屋内に置いてはGPSの利用が大幅に制約されることとその対策としての無線LANの感度情報の活用であろうと考えられる。

この事情はエフセキュアブログのミッコ・ヒッポネンのアーティクル"iPhoneは実際のところ1日に2度、Appleにあなたのロケーションを送信している"を読めばおおよそ判ると思うが説明する。

無線LANの情報から測位する基礎情報は現状ではSony、Skyhook等が持っていると考えられるがいずれのデータも高価であろうと推定できる。ただし、Sonyの情報はPlaceEngineに絡んだものでデータは国内に限定されると思われるので現状ではワールドワイドで保有しているのはSkyhookのものであろう。

GoogleがGoogle Map Street Viewに絡んで撮影していた車両が無線LANの情報も拾っていたことで非難を浴びた件でGoogleが無線LANからの測位を企図していたことは明白であり、今回の件もそれに絡んでの物と推定するのが自然であろうと考える。

屋内における、GPS測位技術はJAXAと測位衛星技術が共同開発したIMESが有望と考えるが誰が装置を設置しメインテナンスをするのかという根本的な問題が解決していない。現実問題IMESの装置を設置したとしてその利用費用を端末の利用者から徴収するのは困難であろう。それならば、むしろ出口であるFoursquareなどの位置利用サービスと組んでそこから利益をあげた方がまだましというもの。

そう考えると、既存インフラを用いる無線LANからの測位技術のメリットは明白で基礎データには位置情報からのマネタイズも含めかなりの価値がある。しかし、それを表だってやり始めると先日のStreet Viewの件もそうだが盗聴と非難を浴びる。そのために、ユーザの端末にその役を担わせようとしたのだろう。ただ、いずれにせよ説明を怠ったのは極めてまずいのではないかと思う。

こういうのはゲーム的にして実績解除と絡めて、事情を知らせたうえでうまくユーザを巻き込んだ方がいいのではないかと思う。でも、それをやろうとするとコロプラになるような気もする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://movabletype.grayrecord.com/mt-tb.cgi/48

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.3

このブログ記事について

このページは、Webmasterが2011年4月23日 12:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インキュベーター」です。

次のブログ記事は「No SQLの虚実」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。