« デニス・リッチー氏逝去 | ホーム | Smart Tweets was shutdowned »

2011年10月16日

“Big Data”が閉ざしかねないアンドロイドの未来

話題になっている2011年10月定例会 "Big Data"アプリ情報(applog)が描くアンドロイドの未来を見てみた。彼らが言っているのはログに過ぎない。しかし、ログというのは感性という最高度の主観を含んでいる。彼らの主張の最大の問題点はどうデータの解析を解析するというところにだけ立っていてどう集めるかというところに鈍感なところであった。しかも、厄介なことにapplogSDKはapplogを最初にインストールしたアプリケーションの開発者にのみ利益が供与される仕組みであるという問題点がある。その意味ではWin-Winになっていない。そして、言うまでもないプライバシー上の問題。最終的には高木氏のTwitterでの”もうAndroidは推奨できないそういう声が多々出始めている”というコメントにまで結びついてしまった。

この事態を招いたのはAndroid Marketに対する信頼が崩れたことである。一般にセキュリティの観点からは信頼できるアプリケーションの入手元が肝心である。まさか、すべてのユーザがアプリケーションをソースコードで入手して検証し安全性を担保するという訳にはいかない以上、アプリケーションの入手元の信頼性が肝心である。この部分が崩れてしまうとどうにもならなくなる。でも、今のアンドロイドはMarketの信頼性が揺らぎ、アンチヴィルスソフトウェアのようなものも十分ではないというところから非常に危険な分水嶺にあると思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.grayrecord.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/79

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、Webmasterが2011年10月16日 17:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デニス・リッチー氏逝去」です。

次のブログ記事は「Smart Tweets was shutdowned」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Raptr