« Xbox Live 冬のアップデート | ホーム | “Big Data”が閉ざしかねないアンドロイドの未来 »

2011年10月15日

デニス・リッチー氏逝去

聊か旧聞にはなるが、C言語及びUNIX OSの開発の立役者であったDennis Ritchie氏が10/8に亡くなられた。UNIXの流れを汲むOSだけでなく、WindowsにおいてもBSD由来のコードがかなり含まれているのは知られている。そして、プラットフォームと無関係に今日、ネイティブコードのアプリケーションを書く場合にファーストチョイスは恐らく、C/C++辺りであろうと思われる。その上でも、今日のコンピューティング環境を気づいた人物と言える。

恐らく、TCP/IP、公開鍵暗号等と並んで今日の技術を産んだキーパーソンであったと思う。同じくらいのキーパーソンとしてはあとは、パーソナルコンピュータの父ともいわれるAlan Kayとか、C++を開発したBjarne Stroustrupとか、まあDonald E.Knuthも除くとバチが当たるか。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.grayrecord.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/77

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、Webmasterが2011年10月15日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Xbox Live 冬のアップデート」です。

次のブログ記事は「“Big Data”が閉ざしかねないアンドロイドの未来」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Raptr