Gamesの最近のブログ記事

2012年9月15日

Crimson Dragon Side Story

Xbox360 + Kinectで発売予定のCrimson Dragonのサイドストーリーである本作。Windows Phoneのマケプレで出ていたのでさくっと買ってみました。基本的には横スクロールの2Dシューティングですが基本的には完全にパンツァードラグーンの系譜に属する作品だと思います。かなり、面白いです。
基本的にはメインスキルとMP消費型のサブスキルで攻撃手段は組み立てられていますが。まあ、シューターならあんまりスキルにはまり込まなくても結構いけると思います。というか、スキルのシステムをろくに確認もせずに3ステージ目くらいまでは行ってしまったので。
スキルの解放はゲーム上の条件+ジュエルの消費が必要。ジュエルの獲得には位置情報による履歴かマーケットプレイスでの購入になります。まあ、ステージの攻略でもらえるジュエルもあるのでそうそうジュエルの不足に悩まされることはないかと。
シューティングとしては結構、いい出来です。Windows Phoneを持っているのならば、買って問題ない作品だと思います。

2012年8月19日

Robotics; Notes

正直に言おう、全く価値がない。最後に行くほど悪化/ロボティクスノーツ クリア後感想 は全く同感で、後に行けばいくほど脱力感の漲る展開。まず、綯の登場とエンディングに徒労感を覚えた。そして、最終章、少しは盛り上がっていた気分は主人公のどうしようもないセリフといつの間にか組みあがっていたロボに木端微塵に砕け散った。
まず、主人公は格闘ゲームしか眼中になくロボットにはびた一文の注意を払わない時点で、ロボットをテーマに選んだ本作は完全に崩れている。そして、部長とのドラマが全く盛り上がらないため、もはやドラマとしてどうにもならない状態になっている。このドラマが盛り上がらないためギャルゲーとしても全く価値のない屑となってしまっている。
本作の主軸になってしまっている陰謀も、300人委員会、お前らは阿呆の集合体かと言わんばかりの突っ込みどころ過積載の代物。突っ込みどころ過積載のは置いておくとしても、そのあらに気づいてしまうほどドラマに全く勢いがない。エンターテイメントの陰謀の多くは突っ込みどころがあるものだけど、盛り上がっているドラマならそれに気づくゆとりをオーディエンスに与えないだけのインパクトがある。
全てが終わって、私に去来したのは...

体はゴミで出来ている
血潮は塵で
心は錆
幾度の戦場を越えて全敗。
ただの一度も凱歌はなく
ただの一度も理解できない。
彼の者は常に一人 ゴルゴダの丘で敗北に泣く。
故に、作品に意味はなく、
その体はきっとゴミで出来ていた。

これだけだ

2011年10月10日

Xbox Live 冬のアップデート

別アカウントの方にXbox Liveの冬のアップデートの通知が着ていた。内容としてはYouTube対応など。ある種、YouTubeの対応が出来るならWebブラウザが要らないかも。Facebookは既に対応済みだし。あとはUStream位?

2011年4月13日

G-XTH始めました

円卓の生徒が面白いのでG-XTHも始めました。やっぱりWiz風味ですね。面白いです。

2011年4月10日

円卓の生徒、遅々として攻略中

まあ、タイトルの通りなんですが。なんとか、ルキフェルの前までは攻略しましたがルキフェル攻略で手こずっています。ヒーラー少し多すぎるかな。ウィザードが少ないよななどと考えています。チュップをもう少しレベルを上げないといけないかなセカンドウィザードはあれしかいないし。ちっと、火力が不足していますね。

2011年1月23日

やってもうたか

アルカナハート3を立ち上げっぱなしでXbox360の電源が入りっぱなし、Raptrのプレイ時間数が楽しいことになってもうた。

OpenID対応しています OpenIDについて

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちGamesカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはAnnounceです。

次のカテゴリはNovelです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Raptr